午後のお茶

美味しいスコーンが食べたいと思いつつ、数週間・・・
色んなタイミングがぴたりと合い、訪れたのは
カスカイスの、ファロルデザインホテル。



farol1


スコーンはもちろん、10種類以上から選べる
お茶(この日は、レモンジンジャー)も、どれも美味しく、
目の前に広がる大西洋を眺めつつゆったり、サービスもよく、
カスカイスにしては珍しい・・・レベルの高さ。

ここは、バーのカクテルも美味しい。



farol2


その後、周辺を散策・・・

それにしても、ポルトガルの太陽と
やわらかな午後の日差しには、なにか特別なものがある。
日差しを受けてきらめく海の美しいこと・・・


ファロル
ペットと泊まれる嬉しいパッケージ(50ユーロ / 日)や、
ペットシッターのサービス(14ユーロ / 時)などもあり。



月の山

日曜は、ポットに熱々のコーヒーとチョコ、
タッパーにお弁当をつめて、シントラ山歩きへ。

シントラの観光名所はどこも人であふれているけど、
山の中を歩くぶんには、そんなに混んでない(ことに気付いた)。

ペナ宮殿の入口で、パークチケット6.5ユーロを買い、庭園内に入る。

(宮殿には、宮殿内見学+パーク、宮殿テラス+パーク、パークの
3種類あり、料金もそれぞれ違うのだけど、ゆっくり見学してる時間はない
けど、宮殿を近くで一目だけ見たい・・・っていう人には、パークチケットがお得)

そんなワケで、宮殿には向かわず、山頂目指してまっしぐら・・・といっても、
のんびり歩いても30分くらいで着いちゃうので、山というより丘の感じ。

この山、月山というらしいのだけど、
ここからの景色が素晴らしくて、言葉を失った。



montedalua3
本の世界・・・


montedalua2
山頂に暮らすトカゲ


montedalua1
森のいい香り


montedalua5
目にも涼しい透明度


montedalua6
コルクの橋


montedalua7
きれいなピンク色


montedalua9
・・・オデット・・・オディール(黒鳥)もいた


montedalua8
パワースポット


ゆっくり歩いて回って、半日・・・
木陰でランチを広げている人は、現地の人ばかり。
けど園内、カフェや売店もあるので、手ぶらでも大丈夫。


それにしても、この夏は、冷房を入れるほどの暑さにはならず、
このまま、あっという間に秋になりそうで、ちょっとさびしい。
それで、気付いたら年末なんてことになっていそうな、時間の早さ。



続きを読む»

仏陀の園


buddha1
モネの、睡蓮のような池。


buddha2
日本ちっく・・・


buddha3
分け合うお二方。


buddha4
女子会・・・笑


buddha7
どこかで見たような・・・あ、ウクライナ。


buddha5


ポルトガルで、日本的なモノにふれたくなると
ふらっと行く場所・・・ブッダエデン

現地のひとが思う、アジアンなので
神聖な空気など皆無・・・けど、なんとなく落ち着く。

カメラと散歩で、メディテーション・・・



buddha6


よい週末を。


サイクリング@大西洋

この辺は、すぐそこがギンショの浜だけど、
あとはゴルフ場と乗馬場くらいで、ホントなにもないので、
雨の続く冬の日なんて、気持ちまでどんよりしちゃうのだけど、
穏やかな風の吹く晴れたこの時期は、心地いいほど爽やか。



gui_bar1


日曜は、そんな気持ちのいい日だったので、久しぶりに
ギンショの浜を、時速40キロのスピードでかっ飛ばして、
ロードレーサーと張り合ってきた。冗談。



bui_bar2

カスカイスの砂丘。


gui_bar3


今回は、247号線をそのまま
ちょっとだけロカ岬方面へ向けて走った左側にある、
ギンショバーというところへ寄ったのだけど、
ここは軽めの食事も美味しくて、景色もいいし、
なかなかオススメ。犬連れでのんびりするもよし。



gui_bar4


ここのバーガーは、今のとこ
カスカイスでは暫定1位の美味しさ。穴場。



gui_bar5

下りていくとこんな感じ。


gui_bar7


その昔、ウィンドサーフィンにはまっていて、
毎週末のように鎌倉の海に通っていた時期があるのだけど、
もはや海は眺めているほうが好きだ。



gui_bar8


そんなワケで、この夏も
カスカイス〜エストリルの海岸線沿いを
時速40キロのスピードで風を切って走っているので、
見掛けたら声を掛けてくださいませ。



カスカイスは・・・

あー、太陽と海に青空が気持ちいい。

路上には観光バスと、
街中は観光客で、すごい賑わい。



casc1


casc2


casc3


それにしても、海水温は20度もないと思われ、それでも
飛び込んじゃう欧州人との体感温度の差を感じる。

いゃその前に、街のド真ん中で水着になる勇気は
わたしにはなく、住んでいるとリゾート気分にはなれないのだった。



Welcome
Profile

yayoi

Author:yayoi
千葉生まれ。オット(ウクライナ人)と2016年よりルクセンブルク在住。

ラトナ(カナディアン・スフィンクス♀)
キエフ生まれの、forever star
2010年7月25日 - 2019年3月17日

アリア(カナディアン・スフィンクス♀)
バンクーバー生まれの、big happy friend
2019年6月28日

ネフィ(カナディアン・スフィンクス♀)
バンクーバー生まれの、fragile angel
2019年6月28日


当ブログ内の画像の転載・転用はご遠慮ください。

Weather forecast
Category
Philosopher cat Ratna
Monthly archive
Sphynx blogs
Search form