アルザスのコウノトリ

フランス アルザス地方の
ワイン街道沿いに点在する村々の中でも
カイゼルスベルク (Kaysersberg) の街並みが好きだ。


alsace1


散策中ふと見上げると
コウノトリがいたりするのが嬉しい。


alsace2
(2019年2月撮影)

以前、ウクライナに住んでいた時も
キエフ郊外やカルパティア山脈の村々で
見掛けることがあったコウノトリ・・・

ここアルザス地方では
いたるところにいらっしゃる。


alsace3
(2019年6月撮影)

サービスエリア内にも(!)巣があって、
サンドウィッチを食べていると
あちらからいらっしゃる。

アルザスのコウノトリは
フランスのパンの美味しさを
知ってしまったらしい・・・(ちょっと心配)


*****

鳥といえば・・・!

nefi2-2

ラトナが好きだった鳥は、ネフィが好きなよう、、
(ウクライナ製アングリーバード)

青のベレーに黄色いボディーの
アオガラにちょっと似ているからかな・・・


2020年夏

ルクセンブルクから30分ほど車を走らせると
東はドイツ、西にベルギー、南のフランスの
どこかしらの国境にあたるのだけど、
6月に国境が開放されたあとも
ブリュッセルにある日系の美容院と
アントワープのカフェに行ったくらいで
あとはほとんど国内にいる。


summer20-1.jpeg
癒しのひと時・・・@アントワープ

ベルギーやフランスの
ひと皿は目にも楽しく美しい。


summer20-2.jpeg



今年の夏は山も海もあきらめ、
週末はシュール湖上流付近を散策したり、

summer20-4.jpeg


散策中の休憩を楽しんだり、そんな感じ。

summer20-3.jpeg


ルクセンブルは結構みんなちゃんと
ルールを守っているように思う。


状況が好転するのを待ちつつ、
猫たちのごはんを多めにストックしたり。


an7-4.jpeg
お姉さま大好きネフィ


今年の5月

窓の外は目に鮮やかな新緑と、
賑やかな鳥のさえずり。

以前住んでいたアパートは裏手が森だったのもあり、
バルコニーの天井には野鳥の巣があって
窓からヒナたちの成長過程を眺めるのが楽しみだった。

彼らは今年も元気に巣立っただろうか。

そこは同じルクセンブルク市内でも
深夜や早朝にはキツネに遭遇することがあった。
そして夏の夜にはコウモリが屋内に迷い込み
ラトナが追いかけるという騒動もあった。。。


may20-3


ここ最近よく見かける、ズアオアトリ・・・

頭(ず)が青々しい鳥、という意味ではなく
頭(ず)が青いアトリ、という意味らしい。

オレンジのシャツに
ブルーグレーの帽子を被った、おしゃれ紳士。


may20-4


常連シジュウカラやアオガラより
ひと回り大きく、よくお鳴きになるので
いま遊びにきているのがすぐ分かる。


may20-1


ルクセンブルクは
徐々に規制も緩和され、各所再開の準備が始まった。

フランスやベルギーとの国境は
(まだ!)閉鎖されたままだけど(ドイツは開放)、
Luxair(ルクセンブルク航空)は29日から
欧州5都市へのオペレーションを再開するよう。


aria5-1
(アリア)


来月、とても楽しみにしていた
80歳の誕生日を目前にして
義父が急逝し、
またひとつ、心にぽっかり穴が空いた。


may20-2


こちら側に残された家族としては
悲しみ深いけれど、、
向こう側にいる義母や祖父母たちの魂は
義父との再会を喜んで迎え入れたはずだと、、
そんなことをぐるぐる思う、今年の5月。


アイコンタクト @ Amneville Zoo

ルクセンブルクから
車で約1時間ほど南下したところにある
フランス ロレーヌ地方の、アムネヴィル動物園

昨冬、これから通う気満々で
年パスを買ったのだけれど、
当然のことながら現在は休園中。

この状況下
動物たちはむしろ羽を伸ばしている
ことを願いつつ、、


〜アムネヴィルの動物たち アイコンタクト編〜


amne1
スーパーモデル


amne4
町内会のおじさん


amne3
毎朝通勤電車で会う会社員


amne6
いつも的確なアドバイスをくれる友人


amne7
良妻賢母のカバ恵さん(from アグレッシブ烈子)


amne5
トップ美容師


あなたは誰を連想しましたか?


<おまけ>

amne2


昨夏のルクセンブルクより・・・
バッチリのカメラ目線!笑


amne8
ヨガインストラクター


マスク

ルクセンブルクでは、
20日(月)からマスクの着用が義務化された。


mk1


それに伴い、ひとり5枚のマスクが届いた。


mk2


昨日、久しぶりの外出で
食料品の買い出しに出たのだけど、
道行く人々がみんなちゃんとマスクをしていた。

マスクと手袋と消毒液が
習慣となった日常・・・・

キッチンに、リンゴやバナナ
トマトやアボカド、タマゴやヨーグルトが
また並んだことに感謝しつつ、、、

自宅生活はまだ
しばらくは続きそう。


nefi4-1


みなさんも穏やかな日々と、
良質な睡眠を。


Welcome
Profile

yayoi

Author:yayoi
千葉生まれ。オット(ウクライナ人)と2016年よりルクセンブルク在住。

ラトナ(カナディアン・スフィンクス♀)
キエフ生まれの、forever star
2010年7月25日 - 2019年3月17日

アリア(カナディアン・スフィンクス♀)
バンクーバー生まれの、big happy friend
2019年6月28日

ネフィ(カナディアン・スフィンクス♀)
バンクーバー生まれの、fragile angel
2019年6月28日


当ブログ内の画像の転載・転用はご遠慮ください。

Weather forecast
Category
Philosopher cat Ratna
Monthly archive
Sphynx blogs
Search form