ボルシチを作った

海外生活も最初の頃は、「無い物は作る」の精神で、
手軽に買える日本にいたなら絶対に作らないようなモノまで、
わざわざ作ったりしていた。

それがそのうち「無い物は有る物で何とかする」になっていたんだけど、
無性にボルシチが食べたくなり、作った。

ウクライナでは、どこのレストランにもボルシチはメニューにあるので、
うちで作ることはあまりなかったんだけど、この辺のレストラン(ロシア人経営)で
食べられるボルシチが14ユーロだって聞いて、重い腰を上げた(笑)

どんなに美味しいボルシチでも、1皿8ユーロが上限じゃない?



borsch1


そんなワケで、完成したのがこちら。

何人家族だよ!って? こういう時、ラトナも一緒に食事が出来ないのを
残念に思うけど、ボルシチはこの大鍋じゃないと作った気がしないのだ。
けどこれ、ふたりで3日もあれば空っぽになる。



borsch2


ついでに、パンプシュキ(ボルシチに添えられるパン)も作った。
つや出しを塗り忘れたけど、これはすごい簡単。

味はね、土地により野菜の味も違うので、どうかな?と思ったけど、
なんてことはない。これは間違いなく、ウクライナのボルシチ。



borsch3


ボルシチは2日目のほうが美味しいと言われているけど、その通りだと思う。
(鍋とスプーンに映るTシャツの違いが、日付の違い)

今回は、ロシアの料理研究家 ポフレブキンのレシピに忠実に、
ほぼ1日掛けて作ったのだけど、これが本当に美味しかった。

この本は、ソ連諸国の料理が、国ごとに、辞書のように色々と載っているので、
この辺の料理が好きな人にはオススメ。彼の食への関心と情熱は、すごいものがある。



borsch4



*****
ウクライナのあれこれが懐かしい今日この頃、夏といえば、
オクローシカ(冷たいスープ)を思い出すのだけど、ここはベースが
クワスかケフィアか選べて美味。

部屋ごとにテーマのあるインテリアも凝っていて、楽しいよ。



borsch5

PERVAK


マヤチョク〜キエフ〜

今日は、穴場的レストランを紹介するわ〜

市街地から車で30分ほど南下したところにある、
隠れ家的レストラン<マヤチョク>



mayachok 3

森に囲まれたログハウス風の建物内外と、川を眺めながらのテーブルや、
あと個室なんかもある。(個人的には↑の屋外ベランダがオススメ)



mayachok 2

私たちはオープン直後の11時過ぎに行ったのでガラガラだったけど、
夜は予約を入れたほうが確実。(ってか、ご予約のお名前は?って聞かれる)



mayachok 1

詳細はコチラ→
(HPは現地語のみだけど、レストランには英語のメニューもあるよ〜)

私は好きなモノに出会うと、毎回毎回同じモノを飽きるまで食べ続けるので(爆)
幅がホント狭いんだけど、色々食べてる周りのみんなの感想でも美味しいとのことなので、
たぶん大体どれも美味しいんだと思う。オーダー時はグラム数もご参考に〜





拡大マップはココをクリックしてね〜 (・ェ・)/


La Veranda 〜オデッサ〜



res.odessa

<La Veranda>

フレンチイタリアンのレストラン

ここは食材が新鮮で美味しく、雰囲気もいいし、サービスもいい。
ウェイターのさりげないあれこれが、また媚びてなくて、プロ。

パスタはいつも、うちで作るとなると面倒な「ラヴィオリ」を頼むことが多いんだけど、
鴨肉のも、4種のチーズのも、無言になるほど美味しくてビックリ。

(コッチのパスタはね、基本、ぶよんぶよんの茹で杉君だったり
「ラヴィオリ」を頼んで出てきたのが「ヴァレニキ」だったりした経験もあり・・ (○´艸`) ハハハ )



res.odessa 2

いいなぁー、オデッサー ( ̄‥ ̄*)
キエフにもオープンしてくれないかなー、きっと人気店になるのになー、通うのになー、とか思ってたら
他店舗は、チェコのプラハだけみたい。ちっ、残念! =3

オデッサ観光の際は是非♪♪



ブニナ通り 21
tel: 0482 347 401

→ <La Veranda> (英語/ロシア語/チェコ語)




*****
続いて。陸路で行くと、キエフとオデッサのちょうど中間地点にある街〜ウマン〜
休憩するにはちょうどいい場所に、車道に沿ってレストランが建ち並ぶ。

目印は、ウクライナのソールフード「ヴァレニキ」の像 (o・v・o)



res.odessa 3

“2009年の経済危機もヴァレニキで乗り切ろう”
っていう、ミハイル ポプラフスキー氏(オーナー)のメッセージがあるけど、
どんな状況でだって食べなきゃ前に進めないワケで、ポジティブで洒落てて、こういうの好きだな〜 ( ̄m ̄*)




ヴァレニキを説明すると、ウクライナ風ラヴィオリ!? ∑(・ω・ノ)ノ
   にほんブログ村 猫ブログ スフィンクスへ
人気ブログランキングへ    にほんブログ村

続きを読む»

カフェ・コンポート〜オデッサ〜

陽気のいい日は、テラスでのお茶や食事が最高だよね。

カフェやレストランに行かなくても、自宅のバルコニーに椅子を出したり、
公園のベンチでコーヒーなんかも、すごく気分がいいし、田舎の縁側で食べるスイカなんて、もう最高。

キエフでは、春夏の楽しみのひとつでもあるオープンカフェ&レストランだけど、オデッサもまた然り。
どこに入るか迷うほど、ズラーッと、通りに面して建ち並んでいた。




compote 1

<Компот/コンポート>

店内から漂う、美味しそうな香りにつられて入ったカフェなんだけど、ホント美味しかった ( ̄〜; ̄)
店内外の雰囲気もいいし、店員さんもすごく感じがよかったわ〜♪

ここは、エクレアが名物らしく、メニューに20種類もあった。



compote 2


compote 3


compote 4


compote 5


compote 6


compote 7


odessa 8


ただね、オデッサはルーマニアやモルドバとの国境が近いからか(?)、
ジプシーや物売りなどが、テラス席の客のところまで来ることがある (><)

キエフではないことなので、オデッサ観光の際はちょっと注意したほうがいい。
店員さんや警備の人が気付いて、サッと対処してくれるけどね。

けど治安は、最近はキエフもそんなに良くなくて、つい先日、
キエフに到着早々全部盗まれたっていう、バングラディッシュ人に道で助けを求められたばかり。

みんなも個人旅行の際には、周囲をよく見て気を付けて楽しんでね。
ポイントは、現地に同化してあまり目立たないようにすることよ (・v・)b




デリバソフスカヤ通り 20
tel: 048 728 7775


現地語のしか見つけられず、役に立つかビミョーだけど、一応お店のサイトはコチラ (o・v・o)
→ <Компот/コンポート> 店内には英語メニューあり




【いらん情報】パンテレイモノフスカヤ通り 70 にも、お店あり♪
   にほんブログ村 猫ブログ スフィンクスへ
人気ブログランキングへ    にほんブログ村

Repriza

しつこくツリーがまだ飾ってある我が家よりコンニチハ( ̄▽ ̄*)/

(ウクライナ的常識により→

この時期は、ツリーの下にラティハウスを置いてるんだけど、
この写真を母に送ったら『猫はどこ?』って返信がきた… え?(・◇・;


under the tree


…んん 言われてみれば、置き物に見えなくもない…カナ? 微妙。



外も、まだどこもこんな感じ♪ 夜はキラキラ☆


repriza
Repriza (Реприза)

このカフェはなんといってもパイがオススメなんだけど、
1番はやっぱりきのこのパイ!次がほうれん草&チーズのパイが( ̄〜; ̄)g
(週末などは、お昼前には完売してることが多いので、お早めに。)



repriza 2

朝食メニューもドリンクが付いて、お手頃価格でオススメ♪       

市内に何店舗かある中で、ここはオペラハウスのある通り
B. Khmelnitskogo, 40/25 (ул. Б.Хмельницкого, 40/25)



mac
目印はマック

ここもあまり混んでなくて、なかなか居心地がいい。値段は日本と同じくらい。
ポテトがフツーのとウェッジポテトと2種類あったり、ケバブのようなラップメニューがあったり。
店員さんのユニフォームがウクライナ風で可愛かったり、フィレオフィッシュ頼むといつも待たされたり。




意外なことに(?)KFCがないキエフ…
人気ブログランキングへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
Welcome
Profile

yayoi

Author:yayoi
千葉生まれ。オット(ウクライナ人)と2016年よりルクセンブルク在住。

ラトナ(カナディアン・スフィンクス♀)
キエフ生まれ 永遠のスーパースター
2010年7月25日 - 2019年3月17日

アリア(カナディアン・スフィンクス♀)
バンクーバー生まれ
2019年6月28日 -

ネフィ(カナディアン・スフィンクス♀)
バンクーバー生まれ
2019年6月28日 -

当ブログ内の画像の転載・転用はご遠慮ください。

Weather forecast
Category
Philosopher cat Ratna
Monthly archive
Sphynx blogs
Search form