猫のお留守番

留守中、ラトナの世話をしてくれていた友を
お礼も込めて、夕食に招いた。




dinner


ごはんと水の補給に、トイレ掃除と、遊び相手をしに
わざわざ仕事帰りに来てくれていたんだけど、
無愛想な初日から、徐々に話し、最後は遊ぶまでになったらしい。

飼主が、美女(友)に変身したとでも思ったかな・・ ( ̄m ̄*)


それはさておき、留守中完食だったラトナは、またダラ食いに戻った。
もしかしたら、ストレスを感じると過食気味になるのカモ。(お留守番ありがとね♪)



*****
Google ウクライナの、コウノトリの
ご当地デザインがカワイイ o(≧▽≦*)o


google ua
(関連過去記事→


ムリェト島〜クロアチア〜

いゃー、キエフはすっかり秋めいてきました。

例年、7月が最も暑い中
今年は8月のほうが酷暑だったため、まぁ通常に戻ったといえばそうなのカモ。

ここは公共の交通機関に冷房がないので、バスやメトロなんかの車内は
ある種の罰ゲームかと思うほどでございまして・・(インフラ整備の促進を願いつつ)


*****
さて、旅行記のつづきを ー 。

ドゥブロヴニク周辺には大小様々な島が点在し、
各地へ向けた船が日に何便も出航している。




dub 11


数ある島の中、向かった先は
ドゥブロヴニクから1時間半ほどの場所にある「ムリェト島

現地の人によると、古代ギリシャ語のハチミツを意味する「Melita」が
スラブ語ちっくに変化し、「Mljet」という島の名前になったそうな。

ちなみに、クロアチア語でハチミツは「med」なので、本来の意味はないよう。
(ウクライナやロシアも同意)




dub 12


キレイ・・・って感想しか出てこないんだけど

ここ、周囲を海に囲まれた島の中に
湖があって、その湖の中にまた小さな島が浮いてる、珍しい島で

アドリア海を舞台にした、宮崎駿監督の「紅の豚」があるけど、その中の
ジーナのホテルみたいな感じで、島の大きさほどの修道院が建ってる。




dub 13


サカナまる見え ( ̄m ̄*)

海水の中の淡水・・ってことは、このサカナは・・・って考えてたら、
ななななんと!水路を作ってしまったそうで、今は海水が混ざっているんだって。
(自然の驚異的な創造物になんてことを・・ Σ( ̄ロ ̄lll) 残念)




dub 14


大小2つの湖を結ぶ、フェリーからの眺め。



dub 15


小さな湖のほうは、湖水浴を楽しむ多くの人で賑わっていた。

ミルキー色の湖は、海水とのことでホントに塩っぱかったけど
ぷかぷか浮かび、波も穏やかで、水温もちょうどよく、
すっかり湖水浴のファンになりました、わたくし ( ̄▽ ̄*)


そんなワケで、かねがね海より山派だったけど
カッコ、キレイな海は例外、と追記した、今年はそんな夏でした。


(おわり)



続きを読む»

寄り道

昨日の朝、起きたら
ラトナが足を引きずる感じで歩いてるのを見てビックリしちゃって、
トゲでも刺さったのか足裏を見ても何ともないし、
関節の辺りを触ったり伸ばしたりしても痛がらない。

食欲はちゃんとあるし、いつものように遊ぶので
1日だけ様子を見ることにした。

それで今朝、まだいくらか歩き方がおかしいので、病院に連れて行った。
念のため。

ラトナの病院嫌いは、獣医師さんをも苦笑させちゃうほどなんだけど、
怒りの「うぅ〜」も威嚇の「しゃー」も虚しく、呆気なく
レントゲン撮影され、結果・・骨には異常なし。(ホッ)

どこかから落ちたか、どこかにぶつけたかしたんだろうけど、
見てないのでハッキリとは分からないけど、
とにかく大したことないようで、ホント良かった。

すぐ良くなるだろうとのこと。




cafe 1


で、今日は天気も良く、ホッとしたのもあり
帰りにコーヒーを飲んできた。




cafe 2


ラトナ、さっきとは別人のように態度良好。
獣医師さんが見たらビックリするね、きっと(笑)



*****
明日24日は、ウクライナの独立記念日。独立広場前には、巨大ピサンキが展示中。
各地域ごとにデザインに特色があり、それぞれ図柄や色に意味もあり、奥が深いウクレニアンアート。




pisanka


では良い週末を〜


かまくら

日常のひとコマ ー 。



cleaning


ラトナのトイレ掃除は毎日してるけど、容器自体を洗うのは2週間に1回くらい。
洗って、新しい猫砂を入れるまでの、この時間のこの格好が「かまくら」みたいで好きだ。

みかんが出せなくて残念! (o´∀`o)



*****
ふだんのラトイレはこんな感じ。



toilet


ドゥブロヴニクの街を歩く

前回は客室バルコニーから眺めた海だったけど(→、今回は街周辺を ー 。


アドリア海沿岸のダルマチア最南部に位置する街、ドゥブロヴニクは
旧市街が世界遺産に登録されているそう。




dub 6


城壁に囲まれた旧市街。

旧市街の中は、迷路のように細い路地が入り組んでいて、
所狭しと各ショップや住居が建ち並ぶ、典型的なヨーロッパの風景。




dub 7


1枚目の写真の左、港からの眺め。船の往来が絶えない。



dub 8


これね、ビックリしたんだけど、桟橋挟んだすぐ横なの・・
水がまたキレイで、底まで見えるほど透き通ってて、クロアチアが水球強いのもなんか納得。
(ロンドン五輪金メダル獲得おめでとー)




dub 9



dub 10


・・・アドリア海ね、黒海よりキレイ(小声)

けど、観光目的で行くならクリミアのほうが面白いかなー。
ロシアの皇族たちが夏を過ごすのに選んだ場所だけあり、見所が多いかなー。(個人的意見)


(つづく)



Welcome
Profile

yayoi

Author:yayoi
千葉生まれ。オット(ウクライナ人)と2016年よりルクセンブルク在住。

ラトナ(カナディアン・スフィンクス♀)
キエフ生まれの、forever star
2010年7月25日 - 2019年3月17日

アリア(カナディアン・スフィンクス♀)
バンクーバー生まれの、big happy friend
2019年6月28日

ネフィ(カナディアン・スフィンクス♀)
バンクーバー生まれの、fragile angel
2019年6月28日


当ブログ内の画像の転載・転用はご遠慮ください。

Weather forecast
Category
Philosopher cat Ratna
Monthly archive
Sphynx blogs
Search form