野鳥園

今日は朝から雪・・・

木の枝にとまる、2羽の
カササギを観察・・・



minip_in_lux2


晴れた日には、お腹の黄色い
シジュウカラがバルコニーにやってくるのだけど、
群れで行動しているのか(?)数の多さに
狩猟本能を刺激されすぎて、窓越しでかたまる・・・

裏手が森なので、さながら野鳥園である。

楽しそうで何より。



ルクス生活初心者マーク

引越し荷物の搬入日は、まさかの大雪・・・

一連の作業は、リガから同じチームが
担当しているので、勝手知ったる・・・作業は早い。
(陸路で約2、000キロの距離を移動)

が、リガで荷造りした日はマイナス24度・・・
ここでも大雪とは、きっとやってられない心境だろう。
チームリーダーは「ノープロブレム」って言ってたけど。

さて。

ルクセンブルクで驚いたことのひとつ・・・
それは、洗濯機。

家探しにおいて見てまわった
どの家でも、洗濯室が地下にあって
各家庭の洗濯機がそこにあり、洗濯はそこでする決まり。
(騒音防止のためらしい)

洗濯室の入口ドアには、各家庭で取り決めた(らしい)
物干しスペース使用日の振分け表が貼ってある。

玄関扉がオートロックゆえ、鍵を持たずに洗濯をしにいって
うっかり締め出されたりしないよう・・・気を付けねば。

ルクセンブルクで驚いたこと、もひとつ・・・
それは、ご近所付き合い(このエリアだけかも?)。

引越し早々、1週間のスクールホリデーがあって
不在中のペットの餌やりをお隣さんに頼まれ(鍵を預かる)、
いろんな意味でびっくりぽん・・・

お子様方も大変お行儀がよろしく、
「ボンジュール・マダム」と挨拶してくれるのだけど、
この、「マダム」と呼ばれ慣れるのには時間が掛かりそうだ。

だって、わたしの思い描くマダム像とは
何ひとつ類似点がないゆえ、小っ恥ずかしいのである。

そして、オットが
ムッシューと呼ばれるたびに、笑っちゃうのである。

・・・恐るべし、イメージ。

あ、ルクセンブルクはルクセンブルク語だけど、
主に話されているのはフランス語で・・・
ただいま言葉の壁にぶち当たり・・・砕け散っているところ。



minip_in_lux


ラトナは、野鳥観察の日々・・・
キツネも生息しているらしいのだけど、こちらは遭遇したくない。



ドイツほぼ縦断

バルト海に面した港町、トラヴェミュンデ・・・

宿泊したホテル従業員の方によると、
地元の人にとって「マイアミ」のような場所なのだとか。

三角屋根の街並が、可愛らしい・・・



trav1


ドイツでの朝を迎えたラトナは、
ここがまだ旅の途中であることを察しているようで、
すでにスタンバイ・・・(視線はテレビ画面)



trav2


けれどしかし、普段なら朝ごはんの後で
また寝てる時間なので、やや不満顔・・・



trav3


階下にて、車の出発準備をしているオット・・・を窺う、
スパイキッド・・・


このあと、こまめに休憩しつつ
目的地であるルクセンブルクに無事到着。

ドイツの高速道は、時速130キロ標準の流れに
怯んだけれど・・・、評判通りの快適さだった。

ミニPは途中、ぐるぐる回る大きな風力発電をトリと間違えて
目をまるくした他は、落ち着いた(諦めた?)もの。

オットは翌日から早くも出勤し、いつもの生活スタート。



ラトナの船旅

リガから西へ車で走ること約3時間弱・・・
バルト海沿岸の街<リエパーヤ>から
ドイツ<トラヴェミュンデ>まで、27時間の船旅。
(1船内泊4食付)

ペットキャビンは6階の、2段ベッドの個室で
大きな窓からは海・・・海、海・・・



stena5


まずは、ラトナのストレスレベルが上がらないよう、
猫用のリラックスアロマスプレーを部屋中に振りまく。

一通りの室内チェックのあと、
バルト海に浮かぶ流氷と、カモメを観察・・・



stena1


stena6


2段ベッドから一緒に海を眺める、カメ子・・・
船酔いは大丈夫なよう。



stena2

徐々に小さくなる流氷・・・


stena7


ラトビアードイツ線フェリーは、
リトアニアとポーランドでの運転を省略するために
決めた乗船だけど、周りを見渡すとほぼ100%が
トラックドライバーの皆さん。

食堂で飛び交う会話も、
賃金の計算方法や下船後のルートなど・・・
同職種同士で盛り上がる様子は、修学旅行のよう。

そして、一般客はかなりの浮きよう(笑
ま、フツー観光なら飛行機でヒューッと行くもんね。



stena3


そうそう、このフェリー・・・
ドイツに到着する18時前に、ちょっと早めの夕食が提供される。
これは到着後まっすぐ夜通しで運転予定のドライバーの人にとっては
夕食の心配をしなくていいワケで、優しい心遣いだと思った。



stena8


ラトナは不満を言うでもなく、
いつもと同じ量のごはんを食べて、海を時々眺めて、
あとはほとんど一緒にゴロゴロ・・・

ミニPの順応性には感心する。
(というか、海の上にいたことに気付いてないカモ)



stena4


このあと、トラヴェミュンデに1泊・・・
ドイツをほぼ縦断して、目指すはルクセンブルク。



郊外にて

青空から雪雲の下へ・・・


lat_winter2


泡雪の上ではカラスが集い・・・

車内の外気計はマイナス19.50度を表示。
(最低気温て何度まで表示可能なんだろ?)

ヤドカリ一家・・・これから車ごと
フェリーに乗ってドイツへ向かいます。
(27時間の船旅)



Welcome
Profile

yayoi

Author:yayoi
千葉生まれ。オット(ウクライナ人)と2016年よりルクセンブルク在住。

ラトナ(カナディアン・スフィンクス♀)
キエフ生まれ 永遠のスーパースター
2010年7月25日 - 2019年3月17日

アリア(カナディアン・スフィンクス♀)
バンクーバー生まれ
2019年6月28日 -

ネフィ(カナディアン・スフィンクス♀)
バンクーバー生まれ
2019年6月28日 -

当ブログ内の画像の転載・転用はご遠慮ください。

Weather forecast
Category
Philosopher cat Ratna
Monthly archive
Sphynx blogs
Search form