ポルトガルに行く①

東欧の端・ウクライナより、西欧の端・ポルトガルに行ってきた。


いゃー、それにしてもキエフ、めちゃ寒ッ。冷凍庫内を下回る寒さ。

復路、着陸前の機内放送で
『只今のキエフの気温はマイナス22度でございます。』って聞いた時点で凍えたけど
予報では、今週はマイナス30度まで下がるらしく、ここまで来ると、さすがに生命の危機さえ感じる。

同じヨーロッパでも、ポルトガルでは天候に恵まれ、1月とは思えない穏やかさだった。気温差38度!

せっかくなので、新鮮で、何かと印象深かった旅の記録を少しここで。



まずは、リスボン( ̄▽ ̄)/


pt 2
サン・ジョルジェ城より、リスボンの街並とテージョ川


pt 3
奥に、サンタ・ジュスタの塔(登城がメンドーな人は、ここからでも市内を見渡せる)


pt 4
サン・ヴィセンテ・デ・フォーラ修道院


pt
コメルシオ広場より、名物トラム


pt 5
ベレン地区 

有名な洋菓子店パステル・デ・ベレン
パステル・デ・ナタ(カスタードのタルト)は、評判通りの美味しさだった( ̄〜; ̄)g 
(店内のカフェは満席&お持ち帰りの行列も店外まで続く…)



pt 6
大統領公邸より


pt 7
大統領公邸


pt 8
エキスポ地区 

奥に、ヴァスコ・ダ・ガマ橋(全長17.20キロは欧州最長らしい)
地元の人によると、水族館も欧州最大らしい。



pt 9
停泊中の船たち


pt 10
いつの時代に紛れ込んだかと錯覚する、市内の路地


今回は、空港からレンタカーを借りて回ったんだけど
リスボン市内は迷路のように道が入り組み、坂が多く道幅が狭い上に、
駐車スペースはいつもどこも一杯で、ナビがあっても何かと大変だった。

市内、アフリカ系の人の多さにも驚いたけど、
誰と話してもみんな英語でコミュニケーションがとれ、便利だった。
ポルトガル語は、発音はさっぱりだけど、ローマ字読みでも何となく予想出来る単語もあり。

parque(park)とか、farmácia(pharmacy/薬局)など。

あと、vinho(wine)や、chá(tea)などは、
ウクライナ語でも、вино(ヴィノ)や、чай(チャイ)なので、言葉って面白いなーと思った。

けど、「茶」は、日本人ならすぐにピンとくるよね。

逆に、日本語になったウクライナ語/ロシア語と言えば、ікра/икра(イクラ)だけど、
これは「魚卵」の意なので、日本人が思うイクラは「赤のイクラ」
キャビアは「黒のイクラ」っていうように、こちらでは使われている。

日本語になったポルトガル語も沢山あるらしいので、これまた探したら楽しいかも♪


(つづく)




リスボンにもあった、こんな店名@シャンパン・バー ha-ha-ha
   にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 寒いと言えば・・・。

笑。 昔、窓から生卵を落としてみようかと思ったことがあります( ̄▽ ̄;
地面に落下するまでの間に凍り、割れないような気がするほどの寒さだったゆえ。

ここ数日、車内に置いてあるウェットティッシュが、氷のように固まり、
スーパーの帰り道、レタスなども凍結しました(-_-" モスクワより寒いのが「?」です。

ここまで冷たい空気を体内に取り込むのは「毒」ですよね(><) この気温だと5分が限界です。

寒いと言えば・・・。

寒そうですねー(>_<)

北海道も札幌と道央や道東では、気温差が結構あり、
道央や道東では、キエフと同じように、日常的に???
-20度になります。

最近のニュースでは、どこか和やかな感じで
「ここまで、寒いとやってみたくなりますよねー。」と
濡れたタオルを振りまわり、凍らせて立たせたり、
バナナで釘打ち等、話題になってます。

さらに、極寒体験ツアーなどもあり、
雪で(氷?)かまくらを作り、宿泊体験とか、
朝食を用意して、食べるふりして、凍ってる・・・と
笑いネタやカップヌードルで、本物の食品で
食品サンプル作り・・・って感じでカップから麺を出し
箸で食べる感じのまま凍らしたりして、
和やかな感じです。

私的には寒くて、ピンチだよね(@◇@;)と、
思うんだけどね。

長くなったので、つぅーか、この辺にして、仕事に戻ります。
ポルトガルの写真のコメントは次にします~♪
Welcome
Profile

yayoi

Author:yayoi
千葉生まれ。オット(ウクライナ人)と2016年よりルクセンブルク在住。

ラトナ(カナディアン・スフィンクス♀)
キエフ生まれの、forever star
2010年7月25日 - 2019年3月17日

アリア(カナディアン・スフィンクス♀)
バンクーバー生まれの、big happy friend
2019年6月28日

ネフィ(カナディアン・スフィンクス♀)
バンクーバー生まれの、fragile angel
2019年6月28日


当ブログ内の画像の転載・転用はご遠慮ください。

Weather forecast
Category
Philosopher cat Ratna
Monthly archive
Sphynx blogs
Search form