ラトナ、新緑を観賞する

移動中のラティは、後部座席にいる。

車窓から景色を眺めたり、ボーッと座っているか、眠っているか。
行きは、動物病院に連れていかれるのかと、しきりに鳴いていたけど、帰りは鳴きもせず。



p.c.16


新緑がハッとするほど美しい、道中の景色。(写真中央の、高い木々に沿って車道がある)
ラティにも見てもらうべく、ここでちょっと休憩〜♪



p.c.17


…と言っても、ラティは水も飲みたくないようだし、トイレも自分のじゃないと使わないので、
淡々と、目の前を飛ぶ虫と、景色をボーッと眺めていた。



u1


そして延々と続く、菜の花畑。日本なら「菜の花祭り」とか、イベントに出来そうだよね (・∀・)
「菜の花まんじゅう」とか作って、車道で販売しようかしら?笑

景色が最高に綺麗なこの時期は、思わず車を停めたくなるような場所がたくさんあるのよ。
国土面積が欧州最大なだけあり、地平線まで続く景色って、キエフ周辺にも結構あるのよね。



u2


u3


以上、『ラティと自然を満喫する旅』でした〜
ラティに楽しんでもらえたかは、聞いてみたけど分からない ( ̄▽ ̄;


(おわり)




街中と田舎、ラティはどっち派だろ?
   にほんブログ村 猫ブログ スフィンクスへ
人気ブログランキングへ     にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

えつこ♪さん

何でも揃う快適な家があるのに、何でわざわざ不便な場所に行くのか、不思議だったかも?笑

自然の持つエネルギーには、ホント癒されますよね。
私も今のとこ、平日は街の利便性を享受しつつ、休日は郊外の自然を堪能って感じです。

けど、1番落ち着くのはやっぱり自分んちですかね〜 (^▽^*)
ラトナも帰宅早々に、走り回っていました =3



ジャム銭湯さん

う〜ん (・∀・) 確かに、広大な自然の中では、自分の存在がホント小さなモノに思えますよね。
悩み事なんかも振り返ってみると、そんなに大したことじゃなかったり。

大の虫好きが、うちには1ぴきいますが、虫は私も苦手です。子供の頃は平気で捕まえてたのに・・
は! (°ロ°;) この時期、男のコはカブトムシとかクワガタとか、飼いたいって言うんじゃ?爆

適度に手抜きしつつ、息抜きしてくださいね〜



どうぞ良い週末を〜♪

No title

キレイですね♪地平線なんて久しく見ていないかも・・・。
自宅周辺はごちゃっとした住宅街なので(^ ^;
そんな景色もいいなぁ・・・と思いつつも、何でも近くにある今の生活も捨てきれないですねぇ。
何より・・・虫が苦手。
旅行が精一杯かなぁ。

でも広大な景色を眺めていると癒されるというか、「自分ってちっちゃいなぁ」「ちっちゃいことを気にしちゃいけないなぁ・・」と思います。
私もリフレッシュしたい!

ラトナの気持ち

たぶん、緑の大自然には「うぉーっ」と
思っていたに違いない。

けど、都会の街猫ラトナとしては、
素敵だけど・・・ステキたけど・・・って気持ちだと思う。

個人的な話、北海道も田舎も多く、
なんにもないところが多い。

ゴミゴミとした場所や人がひしめく場所、
騒音の中にいると、疲れがグググーッときてしまい、
大自然に触れると心身共に安らぐことが多い。

広大な大自然に圧巻となる気持ちや素敵・・・と、
思う気持ちもあるけど、私がリラックスするとしたら、
そういう素敵な風景を
自分にとって快適な場所から眺めていたい。

やはり、ラトナのように水もトイレも・・・になるだろう。
まっ、ラトナに聞いたわけではないけれど(^_^;)
Welcome
Profile

yayoi

Author:yayoi
千葉生まれ。オット(ウクライナ人)と2016年よりルクセンブルク在住。

ラトナ(カナディアン・スフィンクス♀)
キエフ生まれの、forever star
2010年7月25日 - 2019年3月17日

アリア(カナディアン・スフィンクス♀)
バンクーバー生まれの、big happy friend
2019年6月28日

ネフィ(カナディアン・スフィンクス♀)
バンクーバー生まれの、fragile angel
2019年6月28日


当ブログ内の画像の転載・転用はご遠慮ください。

Weather forecast
Category
Philosopher cat Ratna
Monthly archive
Sphynx blogs
Search form