ラトナ、ポルトガルに行く

出発当日は、雨降る中の大荷物で
なかなか大変だった。



imag3
チェックイン前


ウクライナ国際航空は、キャリーと合わせて
5キロ以下なら一緒にキャビンに乗れる。
(超過料金は、ラトナの場合で50ユーロ)

搭乗前にフロントライン(的なモノ)をするとか
キャリーにペットシートを敷くとか
エアラインからの条件はそんなに厳しくない。

チェックイン後の手荷物検査は
キャリーからラトナを出して抱いて通るので
周りの人をビックリさせた。
(猫が苦手らしい職員の女性は軽く悲鳴)



imag4
搭乗前のラウンジで


落ち着かずキョロキョロしてたのが
疲れたのか諦めたのか途中から寝出す。



imag5
搭乗後の座席で


離着陸時のエンジンの轟音に
「うぅ…うぅ…」って唸るのを宥めたくらいで
あとはずっと静かに横になっていた。

日常では聞かない轟音に
警戒するよう知らせようとしてくれたのカモ。

粗相することもなく鳴きもせず
乗務員さんに感心されたけど
わたしなら自分サイズの箱で半日も過ごすなんて
…きっと無理だ。

(約5時間のフライト後)

入国審査を終え荷物を取って
最後はラトナの動物検疫所へ向かうと
なんと閉まっていて係の人が来るまで
すでに全員グッタリの中2時間待ち。

ペットの輸出入に関しては
全部自分たちで調べて書類を揃えたんだけど
同じEU内でも国によってビミョーにルールが違ったりして
しかもポルトガルには書類に不備があった場合の
係留施設が空港内にないと聞いていたので
ラトナの検疫が終わるまではドキドキだった。

でも、みんな一緒に来れてホント良かった。


*****
一番重要な書類は
指定の検査施設で発行された血清検査だろうか。
健康診断書などは書式が多少違っていても
内容は同じだと証明出来れば納得してもらえる、と思う。(ウ→ポの場合)



コメントの投稿

非公開コメント

回転マイマイさん

・・( ̄m ̄*) ありがとうございます♪
ミニだけど、デカ飼主より「しわ」が多いだけあり、賢いです(笑)

今の住まいは大西洋まで徒歩圏内なので、暖かくなったら
大自然の大海原を見せに連れ出そうと計画中です☆

無事到着おめでとうです

飛行機、一緒に乗れたんですね。
小さい人間のラトナさんなりに、しわしわの可愛い頭で色々考えて頑張ったことでしょう。嗚呼、可愛い!
ご家族皆様ご無事で、ほんとに良かったです~^^。お疲れ様。
次回は明るいポルトガルの大自然対ラトナさん(違う?)もレポートしてください♪

えつこ♪さん

モノは考えよう>確かに。

英語・露語に耳が慣れているラトナは、
ポ語への反応が首を傾げて構える感じで面白いので、
関西弁への反応はどうなのか、想像しちゃいました☆

許容を超えたら寝るに限る d(・ェ・*)"

ポジティブ、ラトナ流

いやいや、ラトナの代弁者の私としては、
※勝手に代弁者で失礼(^0^;)

モノは考えようで、広めの寝袋と
意識を変えた途端、寝てしもうたんやわ~♪

久々に、あれもせなあかん(虫の観察)。
これもせなあかん(料理チェック)
…というのを、ぜぇーんぶ取っ払って、
ゆぅーっくり寝せてもらえると思ったら、
なんだか気楽になりましてん。
※怪しげな関西弁・・・m(__)m

なぁーんてね(*^^)v

なにはともあれ、
ホント!みんな揃って、ポルトガル~。
めでたし、めでたし~♡
Welcome
Profile

yayoi

Author:yayoi
千葉生まれ。オット(ウクライナ人)と2016年よりルクセンブルク在住。

ラトナ(カナディアン・スフィンクス♀)
キエフ生まれの、forever star
2010年7月25日 - 2019年3月17日

アリア(カナディアン・スフィンクス♀)
バンクーバー生まれの、big happy friend
2019年6月28日

ネフィ(カナディアン・スフィンクス♀)
バンクーバー生まれの、fragile angel
2019年6月28日


当ブログ内の画像の転載・転用はご遠慮ください。

Weather forecast
Category
Philosopher cat Ratna
Monthly archive
Sphynx blogs
Search form