しらけ鳥

1月だけど、蝶舞う
カスカイスよりこんにちは。

今日、いつものように自転車で走っていたら、
ご近所の生け垣の向こうに、サクラが咲いてるのを見掛け、
思わず止まって、見上げちゃったよ。

あんまり実感ないし、行ったこともないけど、
海の向こうがモロッコなことを思うと、この気候で正解なんだろう。


ハンター ラトナは、ガラス越しに見る
生きものの観察がすっかり日課になっている。

雪など、恋しくもないようだ。




hunter2013-1


グレーがお昼寝ちう、パン屑をちょっと撒いてみたら、
いつもはあんまり寄って来ないクロウタ鳥まで
ちょんちょんやって来た (´▽`*) オォー


「ラティラティちょっと見て!鳥が来てるよ!」(・・・・し〜ん)


「待っててみて、またすぐ来るよ!」(・・・・・し〜ん)


寝てるラティを起こしてまで呼んだときに限って
なぜ来ない・・・ (-_-;) チッ



hunter2013-2


ラティとクロウタちゃんのツーショット予定が、
待ちぼうけラティのしらけ顔と、妙な罪悪感で終わる。

それにしても、鳥はかしこいね。



コメントの投稿

非公開コメント

えつこ♪さん

納得です (・v・*) 鳥仲間内では、要注意猫として広まってたり・・

洋服案、鳥の着ぐるみを想像するとウケますね、なんかドリフのコントみたいで (≧▽≦)
(あったら着させてみたい☆)

身につけたい!!

頭の良い、鳥や動物の話をし始めると
話題が違う方向に向かうと思うので、

今回は、私の身につけたい!!と題して、

   ~波動の話~

私はですね~、自論となりますが、
鳥は、そこにいる生き物の熱や息遣い、
オーラを感じて近づかなかったんだと思う。

そうですね~。
たまに、人も気配を感じた・・・とかありますよね。
それのスペシャルバージョンで、
波動を察知したのではないかと思う。

ラトナは素敵な猫だけど、鳥さんにとっては、
大好きなパン屑さえも喉に通らなくなるような
感じで避けたのでは・・・。

お洋服を着て変装したら、鳥さんも来るかも(^v^)
Welcome
Profile

yayoi

Author:yayoi
千葉生まれ。オット(ウクライナ人)と2016年よりルクセンブルク在住。

ラトナ(カナディアン・スフィンクス♀)
キエフ生まれの、forever star
2010年7月25日 - 2019年3月17日

アリア(カナディアン・スフィンクス♀)
バンクーバー生まれの、big happy friend
2019年6月28日

ネフィ(カナディアン・スフィンクス♀)
バンクーバー生まれの、fragile angel
2019年6月28日

Weather forecast
Category
Monthly archive
Sphynx blogs
Search form