スフィンクスのグリーティングカード

ポ語で、「RATO」は「ねずみ」って意味らしく、
初対面の人にラトナを紹介すると、大体
いつも聞き返される理由が、やっと分かった。
(本来の意味→

ちなみに、「ねこ」は「GATO」っていうんだけど、
音の響きからすると、どちらかというと
仏語のケーキ(gateau)のほうを連想しちゃう。

そしてポ語でケーキは「bolo / ボロ」なので、
ちょっと遠慮したい感じだ(笑)

言葉って面白いよね。



spgreet1


・・・言葉って、何のためにあるんだろ?
それは勿論、コミュニケーションを容易にするためのツールではあるけど、
異国ではそれが逆に壁になり、コミュニケーションを妨げる。

そんなことを思うと、言葉はある程度の
コミュニケーションを制限するために作られたんじゃなかろうか。
周りが何人とか関係なく、快適に秩序ある生活を送るラトナや、
他の生きモノを見ていると、そんな風に思えてならない。

閑話休題。

フラッと入った雑貨屋さんで見つけた
スフィンクスのグリーティングカード、ヨーダとマザー テレサ(笑)



spgreet2


スフィンクス愛猫家なら素通り出来ないよねー、買っちゃうよねー。
けどこれ、誕生日とかに受け取る側は迷惑かもなー、って今になって気付いた。
スフィンクスが好きな人にはたまらないと思うけれども。


そしてこれ、一目惚れしたロシア人アーティストの方の作品 ↓


Photography Prints


所在地がアメリカゆえ、サイコーにメンドーなポルトガルの税関を思うと、
なかなか購入ボタンが押せないでいるんだけど・・・

ラトナにグラスを持たせたら、きっとこんな感じだろうな〜☆



コメントの投稿

非公開コメント

えつこ♪さん

いやいやいや、ラトナの小皿はわたしが持つ係です、きっと(笑)

いつも一緒だとなかなか気が付かないけど、成長したよね〜♪

この絵・・・。

ラトナなら、片手にワインをしそうだね。

私としては、更にお腹に小皿をのせて
チーズをのっけて、ゆっくりとワインと楽しむラトナを
見てみたい。

いやいや、ラトナならサイドテーブルに小皿か・・・。

それにしても、ラトナの名前のゆかりの☆印を
見てみたら、いつの間にか成長していた
ラトナにびっくり(@_@;)

この時は、まだ小さいね~♪
Welcome
Profile

yayoi

Author:yayoi
千葉生まれ。オット(ウクライナ人)と2016年よりルクセンブルク在住。

ラトナ(カナディアン・スフィンクス♀)
キエフ生まれの、forever star
2010年7月25日 - 2019年3月17日

アリア(カナディアン・スフィンクス♀)
バンクーバー生まれの、big happy friend
2019年6月28日

ネフィ(カナディアン・スフィンクス♀)
バンクーバー生まれの、fragile angel
2019年6月28日


当ブログ内の画像の転載・転用はご遠慮ください。

Weather forecast
Category
Philosopher cat Ratna
Monthly archive
Sphynx blogs
Search form