ラトナの哲学

普段、わたしが世話をしているつもりでいるけれど、
不慣れなポルトガル生活で、実際に助けられているのは
むしろわたしのほうで、ミニだけど存在感はメガのラトナ。

そんなラトナが、自由気ままな猫のペースでブログを始めたので、
英語だけど、よかったら見てやってくださいませ。

今のとこ、「責任」と「テクノロジー」について語っとりますが、
猫の目を通して見る世界は、同じ日常なのにこんなにも異空間。





ラトナのブログへ


コメントの投稿

非公開コメント

えつこ♪さん

本当にそうですね (・v・)
汚れなき存在だから、尚更ですね。

うん・うん。

何かを育てる・飼う・養育するって、
本当は、自分自身が大きく助けられたり
成長しているのかもしれないね。

世の中を知らない子供に教えられることも多いし、
赤ちゃんの笑顔から悟ることもあるし、
ペットなら尚更、色んなことをキャッチして、
誰かも書いていたけど、実は自分が猫のペットであったり・・・。

あらゆる生物・モノ~。
教えられているのは自分かもしれない・・・。
つぅーか、自分だわ(>0<)
Welcome
Profile

yayoi

Author:yayoi
千葉生まれ。オット(ウクライナ人)と2016年よりルクセンブルク在住。

ラトナ(カナディアン・スフィンクス♀)
キエフ生まれの、forever star
2010年7月25日 - 2019年3月17日

アリア(カナディアン・スフィンクス♀)
バンクーバー生まれの、big happy friend
2019年6月28日

ネフィ(カナディアン・スフィンクス♀)
バンクーバー生まれの、fragile angel
2019年6月28日

Weather forecast
Category
Monthly archive
Sphynx blogs
Search form