ボルシチを作った

海外生活も最初の頃は、「無い物は作る」の精神で、
手軽に買える日本にいたなら絶対に作らないようなモノまで、
わざわざ作ったりしていた。

それがそのうち「無い物は有る物で何とかする」になっていたんだけど、
無性にボルシチが食べたくなり、作った。

ウクライナでは、どこのレストランにもボルシチはメニューにあるので、
うちで作ることはあまりなかったんだけど、この辺のレストラン(ロシア人経営)で
食べられるボルシチが14ユーロだって聞いて、重い腰を上げた(笑)

どんなに美味しいボルシチでも、1皿8ユーロが上限じゃない?



borsch1


そんなワケで、完成したのがこちら。

何人家族だよ!って? こういう時、ラトナも一緒に食事が出来ないのを
残念に思うけど、ボルシチはこの大鍋じゃないと作った気がしないのだ。
けどこれ、ふたりで3日もあれば空っぽになる。



borsch2


ついでに、パンプシュキ(ボルシチに添えられるパン)も作った。
つや出しを塗り忘れたけど、これはすごい簡単。

味はね、土地により野菜の味も違うので、どうかな?と思ったけど、
なんてことはない。これは間違いなく、ウクライナのボルシチ。



borsch3


ボルシチは2日目のほうが美味しいと言われているけど、その通りだと思う。
(鍋とスプーンに映るTシャツの違いが、日付の違い)

今回は、ロシアの料理研究家 ポフレブキンのレシピに忠実に、
ほぼ1日掛けて作ったのだけど、これが本当に美味しかった。

この本は、ソ連諸国の料理が、国ごとに、辞書のように色々と載っているので、
この辺の料理が好きな人にはオススメ。彼の食への関心と情熱は、すごいものがある。



borsch4



*****
ウクライナのあれこれが懐かしい今日この頃、夏といえば、
オクローシカ(冷たいスープ)を思い出すのだけど、ここはベースが
クワスかケフィアか選べて美味。

部屋ごとにテーマのあるインテリアも凝っていて、楽しいよ。



borsch5

PERVAK


コメントの投稿

非公開コメント

えつこ♪さん

いらっしゃい☆

これ、実際はもっと深い赤色なのですよ。
使っている食材を考えると、14ユーロはなしですよね。

パンプシュキは、ピザ生地と同じ材料なのだけど(分量は違う)、
オイルとにんにく、ハーブに浸して食べると、これがスープと合うのです。

おいしそう~♪

うわぁーm(*^0^*)m

鍋に入っているのをみたら、
お邪魔しまぁーすって、言いたくなちゃう。
それと、お皿に盛ったボルシチが、
すごく色鮮やかでボルシチは、
スープといえども、スープにあらずだと思うから、
少々お高くても良いとは思うけど、14ユーロは高い(>_<)

パンプシュキってのにも興味津々\(^v^)/
Welcome
Profile

yayoi

Author:yayoi
千葉生まれ。オット(ウクライナ人)と2016年よりルクセンブルク在住。

ラトナ(カナディアン・スフィンクス♀)
キエフ生まれの、forever star
2010年7月25日 - 2019年3月17日

アリア(カナディアン・スフィンクス♀)
バンクーバー生まれの、big happy friend
2019年6月28日

ネフィ(カナディアン・スフィンクス♀)
バンクーバー生まれの、fragile angel
2019年6月28日


当ブログ内の画像の転載・転用はご遠慮ください。

Weather forecast
Category
Philosopher cat Ratna
Monthly archive
Sphynx blogs
Search form