本が届いた

ユーラシア大陸を横断して、我が家にやってきた
長旅お疲れ様でした、ようこそポルトガルへ。



ratna_on_mag1


いゃ〜、嬉しいな。どれどれ。

オールカラーの本は質感も良く、写真がどれもホントかわいい。
撮影時の各ポイントが図付きで丁寧に説明されていて、分かりやすく、
猫関連グッズや本なども紹介されていて、見ているだけで楽しい。

お〜、ラトナがP68に載っている!
わたしの写真も載っているけど、これはちょっと妙な気分・・・

キエフで生まれたラトナ、旅行に行ったり飛行機に乗ったり
色んなことを経験しているけど、日本の本にも載っちゃうなんて、すごい。
いつか月面着陸でもしちゃうのか!?笑



ratna_on_mag2
(一家に一冊、是非実際に見てね)


さて、ここでちょっと残念なおしらせ。

紹介文にもある愛用カメラ Nikon D7000 だけど、これは
カメラが趣味のオットの影響と、バッチリの被写体(ラトナ)がいてくれての選択。
(オットはツァイスレンズのファンでコンタックス愛用)

まだまだ完全に使いこなせていないのに、それが2週間ほど前に
アントワープからブルージュへ移動中の列車内で、盗まれてしまった。
カメラバッグごと全部。

そんなワケで、しばらくはパソコンに残っている画像と、あとは
ケータイ内蔵カメラの Nexus 4 に頑張ってもらおうと思う。

まぁ、買い替えのチャンスだと思うことにして、
しばらく「カメラ」のほうはお休みします、申し訳ない。


*****
編集担当してくださったSさん、素敵な本をどうもありがとうございました。


(盗難の詳細 ↓)



停車駅に入る直前の列車内で、わたしの足もとに
小銭を散蒔いた若者がいた。停車駅で降りる様子だったので、
彼が拾うのを協力している(わたしの注意がそちらにある)隙に、
引ったくって走り去られる・・っていう、よくある手口に引っ掛かってしまった。

ばかでしょ〜

ドアが閉まる前に、追いかけて一緒に降りたはいいけど、
階段が何カ所もあって、見失う。雨だし寒いし電車来ないしで最悪の途中下車。

被害は、カメラ・光学機器・イヤホン(バング&オルフセン)・財布・ガイドブック。
すぐさま銀行へ連絡し、最寄駅の交番で被害届を出してもらったけど、
警察の人の話では、毎日毎日あることだそうで。

これは完全にわたしの不注意だけど、欧州内の個人旅行では
大きな荷物も足もとや見えるところに置き、貴重品から決して目を離してはいけない。

あまり説得力がないけど、誰かの被害防止に役立てばと思う。

あと、大した差額でもないので、2等車ではなく1等車チケットを買って乗るべし。
わたしたちは発車ギリギリで飛び乗ったので、1等代払ったのに2等に座ってたっていう。

ばかでしょ〜

今頃はきっと、オークションサイトかどこかで、売りに出されているであろう
わたしのカメラ、せめていい人の元で大切に使われますように・・・涙
(願わくば、買い取るので返してほしい)



コメントの投稿

非公開コメント

えつこ♪さんへ

座席の話、分かる〜

オットは、”女性が重い荷物”もあり得ない人なので、日本の旅館などでは
仲居さんと荷物の取り合い(?)になります ( ̄m ̄*)

親切も受ける側がどう取るかで、・・・なんか面倒臭いね ( ̄▽ ̄;


鍵コメさんへ

お気遣いありがとう (・ェ・)/

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

わかっていても・・・・。

まずは、素敵な本へのデビューおめでとう~♪

近くの本屋になく、実物を目にしていないけど、
なにやら、読みごたえもあり楽しそう~(*^v^*)

見つけるべし!!

それと「小銭を散蒔いた若者」
たぶん、私も手伝ってしまうと思う。
よほど、自分が急ぎでない限り、
義理と人情にあふれる人間なら、
やはり拾うのを手伝うよ。

人が困っていたり、大変そう…と思ったら
手伝う/助ける等~それは自然なこと。

それを利用するとは、ヒドイことだ!!

前になるけど、さりげなく席を譲ろうとして、
予想外の人に座られた時は、これまた驚いた!!
私だって、たった今、座ったばかりだけど、
その方に譲りたくて、けど、声掛けるのも
・・・・と思った矢先の出来事。

まっ、このくらいのことは、
その人も疲れていたと思うことにしよう。

世の中、ビックリすることがある。
どれが常識かは、人ぞれぞれ違うけど、
親切心を故意に裏切るのは、やめて欲しいな。
Welcome
Profile

yayoi

Author:yayoi
千葉生まれ。オット(ウクライナ人)と2016年よりルクセンブルク在住。

ラトナ(カナディアン・スフィンクス♀)
キエフ生まれの、forever star
2010年7月25日 - 2019年3月17日

アリア(カナディアン・スフィンクス♀)
バンクーバー生まれの、big happy friend
2019年6月28日

ネフィ(カナディアン・スフィンクス♀)
バンクーバー生まれの、fragile angel
2019年6月28日

Weather forecast
Category
Monthly archive
Sphynx blogs
Search form