週末山歩き〜モンサント〜

前回のつづきだよ。

mons1

思わず、真っ直ぐスペインに行きたくなるのを
ぐっと堪え、次なる目的地モンサント (Monsanto) へ 。




View Larger Map

ピオダンからは2時間ちょっと、カスカイスからは
高速を使って3時間ちょっとの、<石の村>は、
オリーブ畑に囲まれた平地をひたすら走っていると、現れる。

ここは何て言うかもう、写真を見てもらったほうが
早いと思う。


mons2

・・・・。

mons3

ね?

mons4

その場にごろごろ転がっていた落石を、そのまま建築材として
活用したのだろうけど、自然との共存の究極バージョンじゃない?


mons5

これが屋外博物館とかではなくて、村として
みんなフツーに生活してるところが、すごい。

カフェやレストラン、お土産屋さんなどもあった。


mons6

<お城通り>と書かれた標識が、おとぎ話の世界。

mons7

木陰でくつろぐ住民猫ちゃん。

mons8

ピオダンのようなチャーミングさはないけど、
モンサントの建造物も見応えがあって、とにかく
よく歩いた楽しい週末だった。

海も山も美しいポルトガル。
小さな国だけど、まだまだ新発見がありそうだ。


おわり



コメントの投稿

非公開コメント

えつこ♪さん

B&Bをしているお宅もあるようなので、チャーンス ( ̄▽ ̄)b

ポルトガルの空は、気持ちいいほど青いですね〜☆
うん。

☆~絵具~☆

場所によっては、落石を利用したのではなく、
その場所をそのまま利用させていただいく感が
写真から伝わってきた。

やはり、自然と共存するには、
生き物は、自然にあわせなければならない・・・と、
一人勝手に感じ取った私であった。

レストランやお土産屋さんも行ってみたいけど、
チャンスがあり、許されるのなら
普通に生活しているお宅を訪問してみたいものだ♪

それにしても、空の青さが
まるで小学生のころ、私が画用紙に
思いっきり、水色をぬりたくったような空ではないか。

子供のころ、絵が平面的で単一の色使いのため?!
美術の点数が悪かったけど、
この街でなら、満点をもらえるかも(^v^)v
Welcome
Profile

yayoi

Author:yayoi
千葉生まれ。オット(ウクライナ人)と2016年よりルクセンブルク在住。

ラトナ(カナディアン・スフィンクス♀)
キエフ生まれ 永遠のスーパースター
2010年7月25日 - 2019年3月17日

アリア(カナディアン・スフィンクス♀)
バンクーバー生まれ
2019年6月28日 -

ネフィ(カナディアン・スフィンクス♀)
バンクーバー生まれ
2019年6月28日 -

当ブログ内の画像の転載・転用はご遠慮ください。

Weather forecast
Category
Philosopher cat Ratna
Monthly archive
Sphynx blogs
Search form