週末浜歩き〜ナザレ〜


nazare1

カルダス・ダ・ライーニャという街まで、
ボルダロの陶器を見に行き、そこから
ちょっと北上して、あの、有名な高波を見に行ってきた。



nazare2

きっと、サーフィンをする人には
たまらない迫力なのだろうけど、、、わたしには・・ただの荒波。



nazare3

ボケーっと眺めながら、
『海の表面の波は何やら騒いでいても、その底の海水は、(略)
みじろぎもせず、(略)』・・・っていう小説の一文を思い出し、

海ってなんか、人みたいだな。。。と思う。
場所とか環境とかによって表情がそれぞれあって。



nazare5

堆積と浸食美。

崖っぷちを歩く人々に、・・・見ているほうが気が気でない。



nazare4

さぁ、次はどこへ行こうか。


コメントの投稿

非公開コメント

えつこ♪さん

ブログなんて主観的なモノだし、大丈夫ですよ ( ̄▽ ̄)

ポニョを連想する景色なんですね〜
映画は見たことがないけど、「不自然な感じ?」が怖いのカモ・・・?

崖の上のポニョ・・

うおぉーっ、この度の写真を見ていると、
「崖の上のポニョ」を思い出してしまった。

映画館に観に行ったのだけど、
私はこの作品がとても怖かった!!

画の雰囲気とか、物語とかも、なんか怖い!

ポニョのかわいい歌とは、裏腹に
かわいいとか、観ていて楽しい気分には
なれなかったのだ。

それは、テレビで放送されて観たときも
変わらない印象で、理由は分からない。

いやいや、心へ問いただしてみよう!!
実は海の感じとか、物語の流れとか、
ポニョの魚から人間に変身する姿も
宗介への執着心も怖かったのだ。


※注意※
「崖の上のポニョ」のファンの方には、
個人的な主観、および感想なので
何卒ご容赦くださいませ。
Welcome
Profile

yayoi

Author:yayoi
千葉生まれ。オット(ウクライナ人)と2016年よりルクセンブルク在住。

ラトナ(カナディアン・スフィンクス♀)
キエフ生まれの、forever star
2010年7月25日 - 2019年3月17日

アリア(カナディアン・スフィンクス♀)
バンクーバー生まれの、big happy friend
2019年6月28日

ネフィ(カナディアン・スフィンクス♀)
バンクーバー生まれの、fragile angel
2019年6月28日


当ブログ内の画像の転載・転用はご遠慮ください。

Weather forecast
Category
Philosopher cat Ratna
Monthly archive
Sphynx blogs
Search form