車と、カステラ

リスボンには何かしらの用事で
行くことが多いんだけど、道路は迷路のように入り組んでるし、
道幅は狭いし、一方通行が多いし、うっかりすると行き止まり、
駐車場はいつもいっぱいだし、ナビなしではとてもじゃないけど
運転出来ない。各設定ばっちり入れてても、間違えることがあるし。



lisboa1


その上、ドライバーの運転マナーはなかなか最悪で、
ウィンカーなしで車線変更したり、がんがん煽ったり、
譲らないしで、事故がめちゃくちゃ多いので、注意が必要だ。



lisboa2
(ピロシキを思わせるパイ@LXファクトリー)


普段はのんびりしているように見えるのに、ハンドルを持つと
なぜああも豹変するのか、不思議・・・

どのくらいのんびりかというと・・・春に切替申請した
ポルトガルの運転免許証が未だに届かず、A4の紙切れ1枚の
運転許可証を未だに使っている。

急いでいるワケではないので、別にいいんだけどね。



lisboa3


ところで、リスボンは、美しい街トップ10なんかの
いつも上位に入っているけども、、、どうなんだろ?



lisboa4


・・・いまいちピンとこないけど、(若干失礼)
もし訪れる機会があるなら、食べていってほしいモノの
ひとつが、パォン・デ・ロー(カステラのルーツとされるお菓子)。



lisboa5


これはチョコだけど、シンプルなオリジナルと、
あとはシナモンもあって、ふわふわな生地に
どろどろの半熟加減が、とても美味しい。



lisboa6


生菓子なので、日本まで持って行けないのが残念なんだけど、
空港内の免税店でも買えるので、欧州在住の人なんかは
お土産にいかがでしょう。




↓ 日本で出会ったポルトガル・・・ )°0°( ワォ!

lisboa7


ちなみに、”パン”の語源はポ語らしい。


コメントの投稿

非公開コメント

えつこ♪さんへ

細い路地を走るトラムや、丘から眺める街並とテージョ川など、
情緒ある景色ではあるんだけど・・・けどまぁ、
馴染みのある街が高評なのは、いいことだ。うんうん。

おぉ、やっぱり日本にもあるんですね>パォン・デ・ロー
何でもあっていいな・・・日本 ( ̄▽ ̄*)

このパンデローは、ポルトガルの
パォン・デ・ロー&お饅頭な、別のお菓子だけど、美味ですよ〜♬

それは・・・・。

リスボンが美しい街か、どうかは別として、
(オッと!失礼~っ、悪口ではないのでお許しを)
ヨーロッパって、全体的に彩りが素敵な気がする。

それと日本のお菓子。
「パンデロー」なるほど~。
そういう意味のお菓子だったのか。

うーん、けど、このお菓子は美味しいとは
思うけど、パンデローではない気がする(^^;)

それから生カステラは(半熟カステラ)、
日本でも少し前に流行っていて、
どこかで、売っていたような気がする。

画像を見て、一気に食べたくなった(^^♪
Welcome
Profile

yayoi

Author:yayoi
千葉生まれ。オット(ウクライナ人)と2016年よりルクセンブルク在住。

ラトナ(カナディアン・スフィンクス♀)
キエフ生まれの、forever star
2010年7月25日 - 2019年3月17日

アリア(カナディアン・スフィンクス♀)
バンクーバー生まれの、big happy friend
2019年6月28日

ネフィ(カナディアン・スフィンクス♀)
バンクーバー生まれの、fragile angel
2019年6月28日


当ブログ内の画像の転載・転用はご遠慮ください。

Weather forecast
Category
Philosopher cat Ratna
Monthly archive
Sphynx blogs
Search form