コウノトリ

*今日は現地ネタです。


ウクライナといえば、限りなく広がる肥沃な平原が印象的だよね。

初めてウクライナの地を訪れた日の、上空からの眺めが
区画ごとに黄色に緑、オレンジ、茶色と、農作物がまるで絨毯のように見えたことを今でも覚えている。



stork 5


キエフから車で1時間ほど走ると、牧歌的な風景が広がる。

車道脇には、牛や馬、ヤギに鶏などが放牧され、
バブシュカたちの井戸端会議があちらこちらの村の各所で見受けられる。


そして、地平線まで続く平原を見たときと同じくらい感動してしまうのがコレ。


stork 2 stork 4

コウノトリ

カルパティア山脈の村々ではなく、こんなに近くで出会えるとは〜!\(°ロ°)/


stork stork 3

こんな感じで電柱の上に等間隔で巣がある。ひとつの巣に4羽いたところもあった。


村の向こうには、平原と森が広がり、地元の野菜や果物などを路上販売している。
(オススメは、ポルチーニなどのキノコ類♪)



*****
郊外へ行くと、対向車のパッシングを受けることが結構ある。
この先に警察がいるよー!( ̄◇ ̄) のサイン
ウクライナのドライバーって、どちらかというとラフだけど、こういう時には親切かつ協調性を発揮する。
共通の敵がいるって、団結力を高めるのね。な〜んて、いつも思う郊外ドライブでの一コマ♪




村人のお庭に、幸せそうな小人さんご夫婦を発見♪
b. blue   にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

   ↑ 長閑なウクライナに、応援クリックお願いしまーす♪ ↑

コメントの投稿

非公開コメント

あっ!!!

くちばしが大きいのは、
ペリカンか・・・・。

なんか、混じって
新しい生き物できちゃいました・・・・(^◇^;)

Re: でかっ(@0@)

赤ちゃんの入った袋を、くちばしに掛けて運ぶイメージでは?(^^)
コウノトリが住み着いた家には幸せが訪れるとも言われますよね♪

電柱を木に模すアイデアいいですね、村人にやってもらいたい!

カンタベリー平野を想像していただければ♪
大きなパッチワークのようで素敵です。

でかっ(@0@)

コウノトリ・・・。
デカイデス・・・なのに、電信柱に巣作りなんて驚きです。

あれで、電信柱にいたずらして茶色を塗り塗りして
写真を撮ったなら、木に見えてしまうー。

巣にいるのは、大人の鳥ですか?
そうだよね~あれでヒナならデカッ☆

そういえば、コウノトリって
くちばしが大きくて、袋になっていなかったっけ?
そこに子供をのせて・・・・つぅーか、それならもっと大きいかな?
なんか、わからなくなってきた(@x@)

それにしても絨毯のような平野
こちらでいうとラベンダー畑やヒマワリ畑が
たくさん続いているということだろうか。
上空から眺めると素敵だろうな~。
Welcome
Profile

yayoi

Author:yayoi
千葉生まれ。オット(ウクライナ人)と2016年よりルクセンブルク在住。

ラトナ(カナディアン・スフィンクス♀)
キエフ生まれの、forever star
2010年7月25日 - 2019年3月17日

アリア(カナディアン・スフィンクス♀)
バンクーバー生まれの、big happy friend
2019年6月28日

ネフィ(カナディアン・スフィンクス♀)
バンクーバー生まれの、fragile angel
2019年6月28日


当ブログ内の画像の転載・転用はご遠慮ください。

Weather forecast
Category
Philosopher cat Ratna
Monthly archive
Sphynx blogs
Search form