夏女の、冬・・・の楽しみ方

マイペースにもほどがある・・・のろ更新で申し訳ない!
つづく、・・・のつづきも下書きに入ったままだし。

ヒツジ年も残すところ1ヶ月・・・こちらの雑貨屋さんなんかでも
サルグッズがちらほら・・・あぁ来年はサル年なのねと
サルのマグネットを手に取って思い出す、サル年の我が弟。

このところのリガは、明るくなりはじめるのが8時半過ぎ・・・
16時にはもう真っ暗と、太陽も顔を見せずどんより灰色の日々。

初雪は降ったけれど、積雪はなく
11月〜12月初めのリガは観光に最も不向きな時期ではないかと思う。

ラトナは、夏にはのびのび・・・
床のごろ寝にわたしも一緒になって便乗したりしていたのが、、、



summer2015


冬はこの通り・・・ノーエネルギー・・・
どよよーん・・・



noenergy


あんまり寝るので、朝ごはんの食べ残しを忘れたまま
夜ごはんの時間になって、自分でビックリしてるっていう。

そんな冬の楽しみは、これ・・・サウナ・・・



sauna2015


大家さんが北欧出身ゆえ、浴室にはサウナルームがあるのだけど
アジアの熱帯夜ほどの温度設定にクレイジー・・・すりごろ。

木の匂いと、サウナ帽の質感がお好みらしい。

あとは・・・お風呂も長めで、自分から出ますのサインは出さない。
湯船の中でグルルル言ってるので、気持ちいいんだろう。

(飼主的には、冬の就寝時間の猫湯たんぽがサイコーである)

すりごろすりごろグルルルルのラトナの冬・・・


みなさんも暖かく快適な冬をお過ごしください。
くれぐれも風邪など召されませぬよう。


*****
今秋の充実読物。




バイバイ、ブラックバード(双葉文庫):伊坂幸太郎

わたしの中の、『涙が出るほど笑ったで賞オブザイヤー2015』
(今年の本ではないけれども)

主人公の星野くんが5人(!?)の恋人たちにお別れをしていくお話なのだけど、
恋人役の繭美ちゃんとのやりとりがなんとも痛快なのなんのって。

モンスター繭美ちゃんのキャラがサイコー
パンの夢の話にぷぷっ・・・


てぃなみに、今年のベストセラーだという
『火花』は・・・単行本は重いので文庫本しか買わないポリシーから
まだ読んでいないのだけど、本好きのオットからすると信じられないらしい。

だってスーツケースに単行本を入れるスペースがあるなら
胡麻油とか麺つゆとかお煎餅なんかを詰めたいしー 和物貴重だしー

・・・いゃ、やはり本を買うべきだったか?



コメントの投稿

非公開コメント

えつこ♪さん

これからもっと寒くなりますねー (><;)

・・・クリスマスやお正月のキラキラした
この時期は楽しいけれど、2月あたりはしんどいピーク。

ブラックバードは読後感がいいです (^^)
発言に裏のない繭美ちゃんのストレートさが
じわじわと心地よく、星野くんのキャラがまた憎めない。
5人も同時進行してるというのに「いいひと」・・・

感想よろしくー☆

ラトナではなくとも…。

いやはや、寒くなったものだ!
しかも、今年も残すところあとわずか(・・;)
何をしたのやら?
こう寒くなると、ラトナでなくても
暖かい場所で、すべてを手に取れる範囲に置いて
ガッチリ動かずに過ごしていたい気もする…。

…気もするではなくて、したい!!と
素直に言うべきか?

ブラックバード、今年の本ではないのなら
図書館にあるはず。
私も是非とも便乗して笑ってみよう(^^)
Welcome
Profile

yayoi

Author:yayoi
千葉生まれ。オット(ウクライナ人)と2016年よりルクセンブルク在住。

ラトナ(カナディアン・スフィンクス♀)
キエフ生まれの、forever star
2010年7月25日 - 2019年3月17日

アリア(カナディアン・スフィンクス♀)
バンクーバー生まれの、big happy friend
2019年6月28日

ネフィ(カナディアン・スフィンクス♀)
バンクーバー生まれの、fragile angel
2019年6月28日


当ブログ内の画像の転載・転用はご遠慮ください。

Weather forecast
Category
Philosopher cat Ratna
Monthly archive
Sphynx blogs
Search form