ラトナの船旅

リガから西へ車で走ること約3時間弱・・・
バルト海沿岸の街<リエパーヤ>から
ドイツ<トラヴェミュンデ>まで、27時間の船旅。
(1船内泊4食付)

ペットキャビンは6階の、2段ベッドの個室で
大きな窓からは海・・・海、海・・・



stena5


まずは、ラトナのストレスレベルが上がらないよう、
猫用のリラックスアロマスプレーを部屋中に振りまく。

一通りの室内チェックのあと、
バルト海に浮かぶ流氷と、カモメを観察・・・



stena1


stena6


2段ベッドから一緒に海を眺める、カメ子・・・
船酔いは大丈夫なよう。



stena2

徐々に小さくなる流氷・・・


stena7


ラトビアードイツ線フェリーは、
リトアニアとポーランドでの運転を省略するために
決めた乗船だけど、周りを見渡すとほぼ100%が
トラックドライバーの皆さん。

食堂で飛び交う会話も、
賃金の計算方法や下船後のルートなど・・・
同職種同士で盛り上がる様子は、修学旅行のよう。

そして、一般客はかなりの浮きよう(笑
ま、フツー観光なら飛行機でヒューッと行くもんね。



stena3


そうそう、このフェリー・・・
ドイツに到着する18時前に、ちょっと早めの夕食が提供される。
これは到着後まっすぐ夜通しで運転予定のドライバーの人にとっては
夕食の心配をしなくていいワケで、優しい心遣いだと思った。



stena8


ラトナは不満を言うでもなく、
いつもと同じ量のごはんを食べて、海を時々眺めて、
あとはほとんど一緒にゴロゴロ・・・

ミニPの順応性には感心する。
(というか、海の上にいたことに気付いてないカモ)



stena4


このあと、トラヴェミュンデに1泊・・・
ドイツをほぼ縦断して、目指すはルクセンブルク。



コメントの投稿

非公開コメント

えつこ♪さん

獣医さんオススメ
アロマスプレー効果大です (^^)

猫も慣れ親しんだ香りがあると落ち着くようで、
いつものラト用ブランケットも必須アイテムです。

あとは、飼主の匂いも落ち着きポイントのよう。

船酔いなくて何より〜(^^)

ラトナの可愛い様子ーッ(≧∇≦)

酔わずして、船旅を楽しんで
外に見たり、ゴロゴロしたり良い感じ〜♪
猫ちゃん用のアロマスプレーがあるとは、
初めて知ったなー!!

人もそうだけど、猫も好きな香りがあると
リラックスできちゃうんだね(^^)
Welcome
Profile

yayoi

Author:yayoi
千葉生まれ。オット(ウクライナ人)と2016年よりルクセンブルク在住。

ラトナ(カナディアン・スフィンクス♀)
キエフ生まれの、forever star
2010年7月25日 - 2019年3月17日

アリア(カナディアン・スフィンクス♀)
バンクーバー生まれの、big happy friend
2019年6月28日

ネフィ(カナディアン・スフィンクス♀)
バンクーバー生まれの、fragile angel
2019年6月28日


当ブログ内の画像の転載・転用はご遠慮ください。

Weather forecast
Category
Philosopher cat Ratna
Monthly archive
Sphynx blogs
Search form