猫と空の旅 ルフトハンザ編

北米では、生後3ヶ月前後で
猫の避妊(去勢)手術をするらしく、
ふたりを迎えに行ったときには
もう手術を済ませたあとであった。

それはとても小さな痕で、
おへそと見間違うほどの大きさ。

ただネフィは術後の回復に少し時間が掛かり、
当日一緒に飛行機に乗ることが出来るのか
直前まで不安だったので、あとは飛ぶのみとなった
離陸を待つこの時間は嬉しくて仕方がなかった。


firstday1

機内が気になるアリア(右)とネフィ(左)


ルフトハンザ ドイツ航空を選んだ大きな理由は、
ひとりで2匹を連れて搭乗出来ること、
キャリーバッグと猫たちの合計が8キロ以下なら
キャリーはひとつでいいとのことだったから。
(アリア1.9Kg&ネフィ1.5Kg)

バッグ内にはカイロを貼り付けていたけど、
ふたり一緒ならより温かろうと。

機内では、子猫ウェットフードをぺろりの食欲。


firstday2

バスが気になるアリア(奥)とネフィ(手前)


離着陸時には不安と不満で鳴いたものの、
無事にフランクフルトに到着し、
(タイミングよく)動物検疫を終えたあたりで
トイレタイムがあり、ドレスチェンジ。


firstday3


次の便まで乗り継ぎ待ちのひと時。
ルクセンブルクまでもうすぐ・・


firstday4


ラトナがいたからこそのアリアとネフィ。
ようこそ我が家へ。


コメントの投稿

非公開コメント

Re:

コメントありがとう!
大切なひとを失う悲しみほど深いものはないですね。
またスフィンクスと暮らせること、家族が元気でいること、友だちと語り合えること、温かいベッドの中で朝を迎えられること、食事を美味しくいただけること、静かな中で本を楽しめること、そんな日常に感謝です。

モノゴトの大きさ…比較

悲しいことって心に残る(ToT)
逆に震えるような喜びや幸せや嬉しさは、すぐに馴染んで普通のことと捉えがち。
今こうしてることも、すごく幸せなことなのにね…(ノ_<)
Welcome
Profile

yayoi

Author:yayoi
千葉生まれ。オット(ウクライナ人)と2016年よりルクセンブルク在住。

ラトナ(カナディアン・スフィンクス♀)
キエフ生まれの、forever star
2010年7月25日 - 2019年3月17日

アリア(カナディアン・スフィンクス♀)
バンクーバー生まれの、big happy friend
2019年6月28日

ネフィ(カナディアン・スフィンクス♀)
バンクーバー生まれの、fragile angel
2019年6月28日


当ブログ内の画像の転載・転用はご遠慮ください。

Weather forecast
Category
Philosopher cat Ratna
Monthly archive
Sphynx blogs
Search form